森岡龍は彼女と結婚してた?俳優より映画監督に邁進!代表作は何?

森岡龍は彼女と結婚してた?俳優より映画監督に邁進!代表作は何?

2016年1月から始まる月9ドラマの「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」に加持登役で出演されるイケメン俳優で映画監督の森岡龍さん。

Sponsored Link

このドラマは6人の若者たちの恋物語だそうで、タイトルを見ただけでも胸キュンなストーリーを想像してしまいますね〜。(*´∀`*)

主演は有村架純さんで、他にも高畑充希さん、森川葵さんといった私の大好きな実力派若手女優さんたちが出演されていて、これは楽しみなドラマ。

俳優さんもイケメン揃いで高良健吾さん、西島隆弘さん、坂口健太郎さんですよ。

さて、今回は森岡龍さんについて。

森岡龍は彼女と結婚してた?という噂。
そして俳優だけでなく映画監督としても活躍してる森岡龍さん監督の代表作などなど。

森岡龍は彼女と結婚してた?彼女は誰!?

さて、気になる森岡龍さんの彼女の噂ですが二人いましたよ!

まず、過去に噂になったのは新川優愛(しんかわゆあ)さん。

森岡龍の彼女は新川優愛?モデルで女優さん。2013年に共演したドラマ「人生ごっこ」がきっかけで噂になったようですが、実際はお付き合いされてないみたいですね。

お次は女優の藤井美菜さん。
森岡龍の彼女は藤井美菜
藤井美菜さんともドラマ「天使のわけまえ」で共演したことがきっかけで噂になったようですね。藤井美菜さんとは「結婚?!」なんてささやかれていたんです。というのもドラマのストーリで結婚する二人だったから…。(~_~;)
共演すると噂になるのはよくあることけど、ストーリーそのままやんけっ!

森岡龍さんは1988年生まれの27歳。まだまだ若くて結婚よりも自分のキャリアを築きたいんじゃないでしょうか。

森岡龍は俳優より映画監督?代表作など

Sponsored Link

そんな森岡龍さん。俳優としてのキャリアは長くて2004年に映画「茶の味」でデビュー。森岡さん16歳の時ですね。
その後も順調に映画を中心に俳優としてのキャリアを伸ばしていき、2010年からは石井裕也監督の作品で頻繁に見ることなります。

君と歩こう」「川の底からこんにちは」「あぜ道のダンディ」「ハラがコレなんで」「舟を編む」などなど。

[DVD] 川の底からこんにちは

[DVD] 川の底からこんにちは
価格:3,099円(税込、送料別)

★プレミアムセールハラがコレなんで(DVD)

★プレミアムセールハラがコレなんで(DVD)
価格:3,909円(税込、送料別)

【送料無料】 舟を編む 【DVD】

【送料無料】 舟を編む 【DVD】
価格:3,694円(税込、送料込)


近年のドラマでは「あまちゃん」「天皇の料理番」に出演されていましたよね。

若い頃から映画に出演してきた森岡龍さんは、俳優としてよりも制作や映画監督に興味を持ったようで高校卒業後は多摩美術大学造形表現学部映像演劇学科に進学されて、在学中にぴあフィルムフェスティバルに入選もしたようです。

監督も俳優業もやっちゃうって凄いですよね。
監督しながらも俳優の立場から役者にアドバイスできていいじゃないですか!
また俳優業でお金を稼いで映画製作につぎ込む感じでしょうか?
どちらにしても多才な方です。(・∀・)

そして森岡龍さんの監督作品は、

ぴあフィルムフェスティバルアワード2008に入選した「つつましき生活」(2007年)
ぴあフィルムフェスティバルアワード2010に入選した「硬い恋人」(2010年)
ぴあフィルムフェスティバルアワー2011エンタテインメント賞を受賞した「ニュータウンの青春」(2012年)があります。

この「ニュータウンの青春」は釜山国際映画祭でも招待作品で上映されたそうで、彼の現在の代表作となります。森岡龍の映画監督作品の代表作です多摩美大の卒業制作で作った作品で、遊び感覚で撮り始めたとか。(゚д゚)!
しかも脚本もこんな理由で執筆していたとか。

実はこの作品を撮る前に彼女にフラレて、結構そのときの心境が入っているんですよね。「なにくそ」って思ったんで、主役全員フラれる話にしようっていうのが最初にあって(笑)。
via 甘噛みマガジン

このノリで始めた映画が受賞するとは、才能ある本物のアーティストってことですよ。
こちらはその「ニュータウンの青春」の予告編です。


スローでゆる〜い感じの青春エンターテイメント映画のようですね。
今後も森岡龍さんがどんな映画作品を作っていくのか楽しみですね。
世界の映画祭で上映されるような作品を送り出してください!(^v^)


1月からの月9ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」の予告編。

こちらも今から楽しみです!

Sponsored Link