インフルエンザと風邪の症状の違いは?インフルエンザの感染予防は?

インフルエンザと風邪の症状の違いは?インフルエンザの感染予防は?

今年も一部で猛威をふるうインフルエンザ。

予防接種にマスク、手洗いうがいなど予防策をいろいろやってかからないようには、やっていてもかかることがあるのですよね。
病気でも、しんどいのに会社への連絡、家族への気遣いなど色々気苦労も多くてやですよね・・・。

Sponsored Link

インフルエンザと風邪の初期症状の違いなど

よく、風邪に似ていると言われていますが、風邪は咳やクシャミ鼻づまり、一部関節が痛かったり、だるかったりとあります。

一方インフルエンザは、全身症状が初期から出てきて、悪寒や頭痛、倦怠感、何もしていないのに全身の筋肉、骨が痛み、2~3日高熱が続きます

その後、風邪と同様に喘鳴(ぜえぜえ、呼吸が粗くなること)や鼻水と言ったものにうつっていくようです。いきなり高熱が出たら、インフルエンザと疑ってみるといいでしょう。

インフルエンザにかからないために日常生活でできること

Sponsored Link

風邪の予防と同じく、外出後の手洗い、うがいの徹底は大変大切です。

手洗いは手や指についたウィルスを物理的に除去するのに有効でうがいは、インフルエンザだけでなく感染症の予防にもなります。

また、外出時のマスク着用も効果的です。

また、流行時期の年末は仕事や遊びで予定がいっぱいになる人もいると思います。

疲労の蓄積、睡眠不足は抵抗力低下に繫がり、インフルエンザにかかる可能性も高くなります。

そのような事が無いよう、しっかりと休養はとるように心がけてください。

インフルエンザワクチンは、あくまでもの「かかるリスクが少し下がる」もの過信するのは危険です。

だからと言って、ワクチン接種をしないと、かかった時はさらにひどくなるといったリスクもあります。

余裕があるならワクチン接種はしておくべきですね 。

インフルエンザにかかった時の治療法は?

インフルエンザにかかった時の治療法ですが

最初に、書いておきます。

風邪薬などでよくある抗生剤(抗菌薬)はインフルエンザウィルスには効きません

合併症でよくある気管支炎、肺炎には効果がありますが、直接は効かないので注意が必要です。

やはりかかった時は、早めに医者に行く

そして、ゆっくりし、休養をしっかりとる事

やはり睡眠は重要です。

睡眠不足には注意が必要です。

そして、まめに水分補給

水もいいですが、お茶、ビタミンCが摂れる飲み物、野菜のスープなどがお勧めです。

私お勧め、風邪の時もそうですが、経口補水液OS-1を大量に飲むようにしています。

さすが飲む点滴と言われるだけあって、効果抜群です。 病気は全てそうですが、かかってしまう可能性を0にすることはできません。

なので、インフルエンザでのは身体も心もしんどくなります。

極力予防し、可能性を可能な限り減らすのが一番ですよ!

Sponsored Link