風邪のひき始めの症状はどんなの?短期間での治し方はこれ!

風邪のひき始めの症状はどんなの?短期間での治し方はこれ!

季節の変わり目は勿論、気温がぐっと下がり風邪もひきやすいシーズンがきました。

風邪をひかないにこしたことないですが、早期発見して初期症状で抑えるのが一番!

風邪は万病のもと。

様々な病気の原因ともなりかねないですから・・・

Sponsored Link

風邪のひき始め、初期症状はどんなの?

さて、風邪をひいたかなぁ?という経験だれでもありますよね。

あまり気にしてないと思いますが、風邪は2種類あると言われています。

一つは、熱が出る種類の風邪。

この特徴は身体が熱くなり、喉が乾燥して腫れて痛くなるというもの。

もう一つは、寒気を伴うもので、こちらは身体の芯がぞくぞくとして、何枚服を着ても、どれだけ布団をかぶっても寒いという症状のものです。

このように大きく分けて2タイプになります。

因みに、発熱は初期症状というより、さらに進んだものだものとなります。

風邪の短期間での治し方は?

Sponsored Link

風邪の治し方で大事な事。

それは、「ひき始めの二日間」どう過ごすかが重要です。

これはうちの親、そして会社の先輩からも言われました。

ひき始めの二日間で自分の体調、いわゆる、免疫力や自己回復力を整えることがカギとなります。

風邪のひき始めは、体内でウィルが体内で免疫力と戦っています。

体力が思いのほか消耗するのはこの為。

この時、地味にダメージが大きく効くのが胃腸。

人にもよりますが、消化の力が弱っている為、肉などのたんぱく質、重たいものを受け付けれなくなる人もいます。

そこで、消化にいいものとして「うどん」や「おかゆ」などがあります。

これらは余分なエネルギーを使わず栄養吸収ができるので余分な体力を使わずに、エネルギー補給が可能となります。

生姜やニラ、卵のトッピングあればなお◎。

また、ビタミンA、C、タンパク質をしっかりとることもお勧め。

ハチミツやゆずなどお茶と飲むだけでも効果ありますよ。

そして、しっかりと睡眠!余計な力をかけず、そしてリラックスするためにも睡眠は本当に大事ですよ。

風邪だけでなく、人間の体力の回復手段の最もいいのは睡眠。

寝れないかもしれないけど、横になっているだけでも十分効果あります。

風邪を引いた時にやってはいけないこと

風邪を短期間で治すには

最もたるものは、暑いからと言っての薄着です。

そして、以前に処方してもらった薬

結局病院に行って、余った薬を次回に使おうとおいている人もいますが、微妙に処方内容が違う事がほとんどです。

効果あるばあいもありますが、逆効果、ようは副作用が発生する恐れもあります。

それと同じく、風邪かな?という初期では薬を飲まない。

風邪薬は、症状を緩和するためのもの、症状が軽度なうちは飲んでも無意味なんです。 意外に知っていているようで知らない風邪の情報をまとめてみました。

風邪薬を初期でのむこと。結構やっていたので注意しないとなぁ。

Sponsored Link