お年玉の相場はいくら?いつまであげる?何歳になったらやめる?

お年玉の相場はいくら?いつまであげる?何歳になったらやめる?

お正月といえば、お年玉。

子供の年に変えて値段を変えるんですが、相場っていくらなの?

周りに聞いても、幅は広いし・・・。

そしてもらう時気にしてなかったけど、お年玉ってなんでいうのだろう?(私は中身が好きだったんで)子供に聞かれたら答えれないじゃないか。

Sponsored Link

そもそもお年玉の意味や由来は?

昔の正月行事として「歳神」(としがみ)を迎える祭りがあり、門松に門を立てて鏡餅を供えてました。

お年玉の語源は、お供えしたお餅をおさがりとして子供達に食べさせることを「御年魂」(おとしだま)と呼ばれていたことが要因だといわれています。

由来は様々ですが、お餅を年初にわけることから、の初めの神様からの物(たまもの)で「年賜」(としだま)とよばれ、それが変化したという説と鏡餅が丸いことから「お年玉」(玉は丸いから)という説あります。

しかしどれも歳神由来のものであります。

そしてお年玉の当初の意味は「神様からもらったもの(この場合は、おさがりのお餅)を目上の者から目下のものへ分け与えるのが目的でした。

最近でこそ、お年玉はお金をあげるようになりましたが、お年玉の制度が始まったのは、鎌倉時代位で当初はお金ではなく、茶碗や扇などを与えていたようです。

そして、お金を渡すようになったのは、ものすごく最近で、昭和30年代後半の高度経済成長期ごろから、都市部と中心に広がっていったとされています。

お年玉の相場はいくら?自分の子と親戚の子は?

お年玉の相場について。いくらくらいあげるのでしょうか。

インターネットなどで調べると、3歳児のお年玉の金額の最多回答数は2000円~3000円となっています。

金額は納得しましたが、コメントもいろいろあって「子供はお金の価値がわからないので、キャラクターグッズやお菓子をあげた」という意見や「紙幣より効果の方が喜ぶので500円あげている」(しかし妻に却下され、あげくに「ちゃんと子供用の口座に入れているので、普通にあげなさい」と小言まで言われる始末)。

小学校に入るとやはり相場が少し上がるのですが、なんと小学生~高校生まで大体5,000円という回答がやはり多いようです。

そして、年に数度しか会わない親戚には少し色を付けて、10,000円という事もあるようですが、自分の子供は逆に5,000円以下になることも・・・

お年玉用ポチ袋の表書きの書き方は?

ご祝儀袋は意外と書く機会も多いのですが、お年玉は年に1回なので意識しない人も多いと思います。

お年玉を入れる小さな封筒のことを「ポチ袋」と呼びます。
このポチ袋の表書きの書き方は、表面の右側に「お年玉」そして左側に「◯◯ちゃんへ」と子供の名前を書くのもいいでしょう。

またその他、お年玉にもルールはあります。

年始のあいさつで上司の家に行った際、子供にお年玉をあげるのは失礼にあたります
(目上から目下のものに渡すのがお年玉です。上司の子供は、目上にあたります)。

どうしてもあげる場合は、お年玉ではなく「お年賀」として、お金ではなく図書券や商品券の方が望ましいです。

社会人になりたての頃、上司の子供にお年玉あげてた事を思い出し、お年玉の記事書いてて少し恥ずかしくなりました。子供が必ずしも目下ではないということ、肝に銘じなきゃなぁ。

Sponsored Link