お餅の定番・人気の食べ方、カロリーや保存方法は?冷凍保存?

お餅の定番・人気の食べ方、カロリーや保存方法は?冷凍保存?

お正月の定番「お餅」。

焼き餅や雑煮にしたり、磯辺焼きにしたりと幅広く活躍してくれるお餅ですが、食べ方や保存方法など今回まとめてみました。

Sponsored Link

お餅の定番食べ方、人気の食べ方は?

Sponsored Link

お正月の定番中の定番は、先ほども書いたお雑煮

お雑煮って実は地方で色々な種類がります。

お正月にはお餅をお雑煮で食べるのが定番ですね
まずは、お餅の形。

角餅は江戸生まれの雑煮で関頭に多いです。

また、丸餅は逆に古風で発祥も京都という事から、西日本に多いです。

そして、京都は味噌仕立てで食べる事が多いですが、四国や中国地方はすまし仕立て。

また具もふんだんに入れる地方もあれば、お餅とほうれん草、蒲鉾のみシンプルな地方のものもあります。

他にお勧めとしては、醤油をつけてのりをまく磯辺餅(磯辺焼き)。

これも単にそうするだけでなく、バターでソテーするだけでカラッと仕上がりいつもよりおいしく食べれます。

そして、キムチにもあいますので、餅とチーズとキムチをお皿に入れてレンジでチンするだけで、美味しくてべることができます。

お餅のカロリーは高い?

では気になるお餅のカロリーについて

お餅ってあれだけ腹もちがいいのでカロリー高そうと思われますが、実はそんなことないそうです。

市販サイズの切り餅2個で、ご飯1膳よりカロリーが低いそうです。

じゃあ、なぜ太るというイメージが・・・と思われますが、これは、ついつい食べすぎる事、またお餅をきな粉餅やあんこと一緒に食べたりすることが原因のようです。

そんなお餅、実は、炭水化物などの他に、疲労回復に有効なビタミンB1や高血圧予防にいいカリウムが含まれており、カロリーよりも栄養の方が高いようです。

お餅の保存方法は?冷凍保存で大丈夫?

大量に食べるけど、余ってしまうのがお餅。

放っておくと折角のお餅にカビが生えてしまいます。

このカビの原因は、餅とり粉が(白い粉)原因でこれをよくとることがコツ。

冷蔵庫で保存する場合は、ラップで一つ一つくるんで容器に入れます。

その容器に一緒にワサビか辛子を入れておきます。

これは殺菌作用があり、カビの繁殖を大きく抑えます。

この辛子が渇いてきたら交換するようにすればかなり日も持ちします。

また、表面に軽く焼酎やホワイトリカーを振るのもお勧め。

お酒は苦手という方もご安心。
焼けばアルコールは簡単に飛びます。

そして冷凍保存は逆に、餅とりこをまぶし、少しづつラップしてジップロックなどジッパー付きの袋に入れて保存。

ただし、冷凍庫の臭いがうつってしまいますし、水分をしっかりとらないと霜がついて、解凍時少しべたつきます。

さて、お餅。
私はかなり大好きで正月明けも色々アレンジして食べるようにします。

お勧めはキムチとのアレンジです。是非一度お試しください。

Sponsored Link