年賀状の喪中はがきを出すには?範囲、続柄は何親等?どこまで?

年賀状の喪中はがきを出すには?範囲、続柄は何親等?どこまで?

身内がなくなった際、年賀状の代わりに出すのは喪中はがきです。

その喪中の範囲ってどこまで何だろう?
釣りバカ日誌浜ちゃんのように「お父さんのおじさんのお兄さんが・・・」とか、流石にそんなとこまでは無いにしても、具体的にはどこまでなんだろう。

Sponsored Link


喪中ハガキを出す意味、出した方がいい?

そもそも喪中はがきは出した方がいいのか?という話です。

喪中はがきは、いつも年賀状を貰う人や、亡くなった人と付き合いが深い人には出した方が良いです。

勿論ですが、「身内」は喪中という事はわかっているので出す必要はありません。

葬儀に来ていただいた人は、亡くなったことを知っています。

しかし、喪中はがきを出す本当の理由は、「年賀欠礼」といって、謹賀新年のめでたい挨拶ができない為、代わりの挨拶という意味。
年賀状のやり取りをしている人すべてに出すのが基本です。

喪中はがきの意味を間違えないようにしないといけませんね。

最近では、亡くなった人と付き合いがない人、存在を知らない人には出さないようになってきているようです。

喪中ハガキについては、明確なルールがないので、迷ったら家族に相談した方が良いでしょう。

どこまでの続柄が喪中ハガキを出す範囲?

Sponsored Link

結局、喪中はがきをややこしくする問題の根本。

どこまで出すかという事ですが、一般的には2親等までで良いようです。

2親等でも面識のない親戚は喪中にあたるかは微妙なところ。

家族で足並みそろえる為にも相談した方がいいですね。

喪中の年賀状を出すマナーは?

喪中の年賀状を出すマナーはどうででしょうか

喪中の期間は1年間と言われています。

年内で身内がなくなった場合は、喪中期間となります。

と言っても、厳密にはなくなられて三カ月以上経過している場合は、喪が明けたととらえても問題はないようです。

よくいう100日供養が一つの目安のようです。

ただ、これもあくまで目安なので、お正月を祝う気持ちになれない事でしたら喪中期間として問題はありません。

某宗派のお坊さんから聞いたところ、伴侶が亡くなったら死ぬまで喪に服さなければならないというところもあるそうです。

ただ、そうすると様々な生活に支障をきたすことから、3カ月から1年となったそうです。
これも家族で相談することをお勧めいたします。

今まで、喪中はがきはなくなったことを知らせる為のものと思っていました。
実際は、年始の挨拶の代わりに送るものだと知り、ずいぶん長い間勘違いしていたと共に、ちょっと恥ずかしい気分になりました。

Sponsored Link