2015年の冬至はいつ?冬至の食べ物や料理はゆずとかぼちゃ?

2015年の冬至はいつ?冬至の食べ物や料理はゆずとかぼちゃ?

太陽の位置が低くなる時期を「冬至」といいます。

ゆずとかぼちゃなど冬至には欠かせない食べ物や料理がありますが、でも冬至って結局なに

という素朴な疑問が・・・。

今回は2015年の冬至の時期や冬至の料理や食べ物などを書いて行きます。

Sponsored Link

2015年の冬至はいつ?冬至とは何?


まず、冬至とはなにか?

かぼちゃを食べる日、ゆず料理を食べる日など答える人も多いですが、日照時間がもっとも短くなる日が冬至。

要は1年で一番太陽が出ているのが短い日が冬至です。

冬至の日以降は日照時間が長くなる為、昔は太陽が生まれ変わる日、日本や中国では、陰が極まり再び陽に変える日として一陽来復といって冬至以降、運が変わる日と考えられています。

2015年の冬至は、12月22日となっています。

 

冬至には何をするの?

Sponsored Link

冬至の料理として、「運盛り」はご存知でしょうか?


これは、に「」じ「や、だいこ「うど「ぎ「」な「など、食事に「」がつくものを運盛りといい、「ん」=「運」と語呂合わせから来ています。

ただ、これらの料理は、単なる語呂あわせだけでなく栄養も十分取れる食材ばかりです。

これらの食事を取り、風邪等の病気にならないよう願いがこめられた料理となっています。

 

何故冬至にかぼちゃ料理を食べるの?ゆずは?他にも食べるものはある?

冬至にはかぼちゃ料理をいただきます

じゃあ、かぼちゃって運盛り料理じゃないの?と思われた方、かぼちゃの別名は、な「」き「です。

これも運盛り料理ですね。
 
しかも漢字では「南瓜」と書きます。

北から南へ向かう意味もあり、運盛り料理でも非常に良い食材とされています。

本体南瓜は、夏の野菜なのにと思われますが、長期保存が効くことで、この夏の野菜を冬でも食べることができることで更に有難がられていたようです。

料理方法は、煮物が非常に多いようです。

地方によっては「いとこ煮」を食べるところもあります。
いとこ煮は、硬いものからおいおい入れて行き、めいめい炊き込むことから「いとこ煮」といわれる由来の料理です。

(おい=甥、めい=姪)

また、こんにゃくを食べる地方もあり、こんにゃくは砂下ろしの効果があるといわれていて、この時期大掃除などで、家中の埃(チリや砂)を出すことにたとえられ、人間も身体の中の砂を出すといった意味で食べられるそうです。

冬至にはゆず料理やゆず湯を楽しみます

そして冬至とゆずについて。

ゆずはすったり刻んだりするのもいいですが、この時期はやはり「ゆず湯」ですね。

これも実は語呂があるのです。

柚子(融図)がきいて、冬至(湯治)」。

何のことだ!とおもわれるかもしれませんが、湯治は昔の温泉治療や旅行。

都合がついて、温泉へいける」と考えてもらえればいいですね。

柚子は、長い年月をかけて実がなる為、「長年の苦労が実を結ぶ」という意味もあるし、柚子湯には血行の促進や身体をあっためる効果もあり、温泉にもひけはとりません。

今年、運が悪かった人もよかった人も柚子風呂に入って、今年の疲れを取って来年をいい年で迎えれるようにしたいですね。

Sponsored Link