大晦日の年越しそばはいつ食べる?温かい?冷たい?意味や由来は?

大晦日の年越しそばはいつ食べる?温かい?冷たい?意味や由来は?

大晦日は、家でのんびり紅白歌合戦やガキつか見たりされる方多いのではないでしょうか?

観ないまでも、ご飯を食べて年越しそばで年を締めくくる。

そんな年越しそば、結構地方で色々あるようです。

Sponsored Link

今回は、年越しそばについてお話します。

大晦日の年越しそばの歴史的な由来、食べる意味など

Sponsored Link

年越しそばは、大みそかに縁起を担いで食べるものとして有名です。

地方によっては、晦日蕎麦つごもり蕎麦年切り蕎麦縁切り蕎麦など呼び名は様々あります。

年越しそばの歴史は、実は江戸時代からで「今年一年の厄災を断ち切る」ようにという意味で、普通のそばより少し切れやすいそばを年越し前に食べる事が由来です。

 

年越しそばは大晦日の何時(明けるまえ、あと)どのタイミングで食べるの?

年越しそば


年越しそばというくらいだから、夜中の12時がベストなの?と考えられます。

しかし、家の事情などで、晩御飯の時に一緒に食べる、また大晦日中ならいつでも食べればいいと考える人も多いようです。

時間帯はばらばらですが「大晦日中」というのは、絶対ルールのようです。

我が家では、22時位から遅い夕飯をとります。その時にそばを食べています。

 

大晦日は温かい年越しそばか、ざるそばのような冷たいそば?


我が家ではもちろん、温かい年越しそばです。

大晦日の寒さを、こたつに入りぬくぬくしながら年越しそばをすする、なんともいいじゃないですか。

我が家は、大みそかの料理は「鍋」と決まっており、最後の〆の料理におそばが登場します。それが我が家の年越しそばとなります。なので、あったかいそばが当たり前だと思っていました。

しかし、日本は広い。結構冷たいそば派の人も多いようです。

理由としては、準備が簡単、江戸っ子ぽいということです。

ではどっちが正解なの?という事ですが「どっちも正しい」としか言えません。

そばは、先にも書いた通り「今年一年の厄災を断ち切る」という意味の他「そばは、雨や風、暑さに強く荒地にも育つそのように育ってほしい」という願いもあるそうです。

あったかいだろうが、冷たいだろうが、強く、美味しく食べれることができれば、それは正解なのです。

年末になると、どん兵衛などインスタント系のそばも結構なくなることが多いです。

形はどうあれ、みんな年越しそばを食べたいと思っているのは間違いないようです。

折角食べるのなら「今年一年の厄災を断ち切る」と思いながら食べてみてはどうでしょう?

来年今年以上にいい年を迎えることができるかもしれません。

Sponsored Link