町田啓太がイケメン笑顔で性格も超いい!フライデー彼女と結婚はいつ?

町田啓太がイケメン笑顔で性格も超いい!フライデー彼女と結婚はいつ?

ドラマや映画、舞台で活躍中のイケメン俳優の町田啓太(まちだけいた)さん。

Sponsored Link

ほわわわ。町田啓太さんて管理人の超好み顔で、この方はホントに…イケメンでかわいいです!(*´∀`*)

そんなことはどうでもよくて、今日は町田啓太さんについてご紹介!

町田啓太さんの性格やフライデーされた(?)彼女との結婚はいつなの?といった疑問を調べました。

それでは、まいりますっ!

 

町田啓太がイケメン笑顔で性格も超いい!

Sponsored Link

まずは町田啓太さんの簡単なプロフィールからご紹介。

1990年7月4日に群馬県吾妻郡東吾妻町で生まれました。

身長181cmで血液型はO型。


さて、町田啓太さんの性格について。

町田啓太さんの芸能界デビューのきっかけとなったエピソードや、経歴がとても興味深くて、そこから彼の性格がどんなのか見えてくるので紹介しますね!

町田啓太がイケメン笑顔で性格も超いい!フライデー彼女と結婚はいつ?
町田啓太さんは、パイロットの夢をかなえるために中学卒業後に石川県の日本航空高等学校石川に進まれました。

ですが、町田啓太さんの視力がパイロットになるための基準に満たなかったために、泣く泣く断念。

そこでくじけることなく、高校在学中に出会ったダンスを極め、また体育の教員免許を取得し授業で生徒にダンスを教えたいと考えて日本体育大学へ進学されます。

パイロットの夢が破れても新たな大きな夢を見つけるって素敵ですね。

そして転機が。

大学在学中もダンスサークルで活動していたら、なんとプロから声がかかりEXILEなどが所属するEXPG(EXILE PROFESSIONAL GYM)東京校の特待生としての入校が決まったのです。

また、2010年には「第3回劇団EXILEオーディション」2000人の応募者の中から選ばれて合格しました。
町田啓太がイケメン笑顔で性格も超いい!フライデー彼女と結婚はいつ?
高校から夢を変更しながらも順調に人生を歩んでいましたが、2010年の9月の舞台出演中に左足のアキレス腱断裂で降板となり、数ヶ月間療養することに。

翌年には復帰し、また2011年の7月にはダンスボーカルグループGENERATIONSのメンバーに選ばれて、劇団EXILEを辞めて再びダンスの世界へ戻ります。

しかし2ヶ月後の9月にまた怪我に泣かされることになるんです。

右足のふくらはぎを痛めてしまい、数週間の療養を余儀なくされました。

そこで考えることがあったのでしょうか、GENERATIONSへは戻らずに劇団EXILEに再加入し、俳優業に専念することになり今にいたります。

パイロットから体育教師、そしてダンサーから俳優へと大きく変化しましたが、町田啓太さんは常に前向きに目の前の仕事に全力で取り組んできたそうです。

努力家なんですね〜。

また、聞き上手でもあるんだとか。

聞き上手って性格がすごく優しい証拠ですよね。

そして真面目で堅実な性格から、先輩には

「この仕事やってなかったら、公務員やってそうだね」

と言われるほどなんだとか。

なに〜?!身長高くてイケメンで真面目で優しく堅実家ってパーフェクトすぎ!

とにかく好青年そのもので…これを書きながら、ますますファンになっていく管理人です。



町田啓太、フライデー彼女と結婚はいつ?

さてさて、ファンは町田啓太さんの一生独身を願うかもしれませんが、気になる彼の熱愛彼女についても調べてみましたよ。

町田啓太さんについて調べてると高梨臨(たかなしりん)さんの名前が同時に出てくるんですね。
町田啓太、フライデー彼女の高梨臨と結婚はいつ?
高梨臨さんは町田さんと朝ドラ「花子とアン」で共演された美人女優。

この二人の熱愛報道なのですが、「花子とアン」の打ち上げがあった4次会の後に起こります。

打ち上げの参加者は町田啓太さん、高梨臨さん、鈴木亮平さん、中島歩さんなど計6人。

たまたまこの会場が町田啓太さんの自宅の近所で開かれたために、4次会がお開きとなったあと町田さんは一人で徒歩で自宅へ帰りました。

するとその数分後に高梨臨さんが町田啓太さんのマンションを訪れたそうなんです。

時間をずらして男性のマンションに向かい、そのまま朝まで過ごし、高梨臨さんはそのマンションから朝帰りしました。

熱愛彼女決定!な感じですね。

それに町田啓太さんて女遊びするような性格じゃないので、真剣交際なのでしょうか。

高梨臨さんもそろそろ結婚が気になるお年頃だし、結婚報道も近々あるかもしれませんよ。

これからも二人の恋愛の行方が見逃せません!

Sponsored Link