お歳暮の時期はいつまで?関西と関東では?2015年の人気傾向は?

お歳暮の時期はいつまで?関西と関東では?2015年の人気傾向は?

学生のころと違い、この時期になると頭を悩ませるのが「お歳暮」です。

個人に送るのはもちろん、会社で事務職の方々はこれで更に頭を悩ませることとなります。

年末で更に忙しくなるのに、更にお歳暮が・・・とぼやく人も多いでしょう。
そんな人たちの、少しでも助けになれば幸い。

Sponsored Link


今回はお歳暮に関して書いていきます。

お歳暮の由来、基本やマナー

Sponsored Link

そもそもお歳暮は、日本にしかない風習です。

お正月に祖先を迎えるお供え物や贈り物を、分家した人が本家に集まる際のお供え物を持ち寄るようになったのが始まりと言われています。

 お歳暮に送る品は、昔は、年越しに必要なお供え物ということで、みかんや干し柿、塩鮭など日持ちのする食料品を送る風習でした。

現在では、そこにはこだわらず、様々な品物が送られるようになりました。

今では、日頃お世話になっている人への年末の挨拶、贈答儀礼に変わりつつあります。

お歳暮の時期はいつからいつまで?関西、関東では?

お歳暮
お歳暮は、単純に物を送るというものではなく、季節のあいさつなので絶対に送る時期を間違ってはいけません。

一般的には、12月13日から20日までがお歳暮の時期と言われていました。

現在は少し変わってきて、11月から送る人もいます。

また、関頭では12月の初旬から31日、関西では12月13日から12月31日までとされています。

しかし、年末の慌ただしい時期に届くとのも迷惑ですし、長期出張でいない場合もあります。

余裕を持つ意味もあり、通常通り20日までに届くのが無難。豆知識としてですが、12月26日以降になると「お歳暮」ではなく、正式には「御年賀」となるので意味合いが変わります。

それを踏まえて、手配するのが社会人としてのマナーです。

お歳暮、送られて嬉しいものは?

お歳暮

その人の好みのものは勿論ですが、老舗の味(地方の名産)など非常に喜ばれます。

なかなか食べればない、その人の地元のものだと話にも花が咲きます。

他には、ビールやジュースなどの飲み物や、ハム、ソーセージなども定番ながら人気の商品です。

2015年の人気商品の傾向はある?

正直、先ほどの定番商品は人気です。

私の会社でも、無難なところにはビールやハムを送るようにしています。

他には、近江牛や鹿児島豚など結構「肉」の人気も高いです。
正月は家族で集まって、すき焼きなどするのでしょうか。
お歳暮、お肉ミートマイチク

美味しいお肉は喜ばれるようですよ。

他には、お酒好きにはワインやプレミアム焼酎なども人気があるようです。

いかがでしたでしょうか?
一年分の感謝を込めてお歳暮を贈ってくださいね。

Sponsored Link