クリスマスのアイシングクッキーのレシピや作り方!ラッピングも!

クリスマスのアイシングクッキーのレシピや作り方!ラッピングも!

皆さま、アイシングクッキーって知っていますか?

最近注目度上昇中ですが、名前に馴染みがないという方もまだ多いと思います。しかし、実物を見れば、あぁ〜、と分かると思います。

クッキーの上に粉糖と卵白で作り食用の色をつけたクリームでイラストや模様が描かれている下の画像のようなクッキーです。

Sponsored Link

今回は基本的なアイシングクッキーのレシピ・作り方やクリスマス用のデザインや可愛いラッピングなどを紹介していきます。

基本的なアイシングクッキーのレシピ・作り方【クリスマス】

Sponsored Link

まずはクッキーを焼きますが、ポイントは型抜きの前にきれいに伸ばしなるべく平らな生地を使って型抜きをして下さい。後でクリームを塗ったり線を描くときにやり易くなります。

アイシングの作り方は卵白やメレンゲを使う方法がありますが、今回は卵白と粉糖の作り方を紹介します。

粉糖100gと卵白15gを、つやが出るまでよーく混ぜ合わせます。

2色以上アイシングを作る場合や固さの違うアイシングを作る場合にはこの段階で2つなり3つなり必要数ボウルに取り分けます。

水を少しずつ入れながら混ぜ、好みの固さにしていきます。
柔らかくしたければ水を、固くしたければ粉糖を足して下さい。

この後、アイシング用のカラーでクリームに色をつけます。

アイシング用のカラーは製菓店、製菓コーナー、ネット販売などでも手に入ります。当然ですが、食用のカラーです。色々、種類もありますが、ジェル状のカラーがダマやムラがなく仕上がるようです。

少しずつ混ぜて好みの濃さにしてください。

また、絵の具と同じように色を混ぜて別の色を作ることもできるので、好みの色を作るのも楽しいですよ。

出来上がったアイシングは、絞り袋(コロネ)に入れて、これでクッキーにデコレーションしていく、というわけです。

とっても簡単!ですね。

クリスマス用のアイシングクッキーデザイン

それでは、簡単なものからちょっと慣れた人向けのものまで、クリスマスのアイシングクッキーのデコレーションデザインをざっと紹介していきます。

まずは、1色のみでクッキーの表面を塗ったり周りを縁取りするだけの物を作ってみて、慣れたら2色使ってみてくださいね

ストライプに線を引いたりドットを描くだけで十分な可愛さです。

クリスマス、アイシングクッキー

丸い形のクッキーもアイシングで顔を描くだけで可愛く変身します。
クリスマスっぽく、ベースの色を変えるだけでも色々作れそうですよね。

クリスマス、アイシングクッキー
クリスマスの定番のモチーフでは、ツリーの形に抜いたものを緑に塗る、スノーマンを白く塗って顔を描く、などが簡単で可愛いです。

クリスマス、アイシングクッキー

同じ型でも焼いてさえおけば、マフラーの色を変えたり顔の表情を変えてバリエーションが色々作れそうです。

クリスマス、アイシングクッキー

慣れてきたら同じクッキー型でも細かく描いていくことで全く違うものを作れるようになりますね。

型を1文字ずつ抜くのは大変ですが、かなり凝った物が出来上がるし、パーティー用のウェルカムプレートにもなりそうですね。

クリスマス、アイシングクッキー

また、ココアクッキーを焼くと、白のみのアイシングだけでもかなりオシャレで違った印象です。

クリスマス、アイシングクッキー

クリスマスのアイシングクッキーのラッピングアイデア集!

せっかく可愛く作れたらラッピングもこだわりたいですよね。

アイシングクッキーは見た目が可愛いので、皆さんビニール袋で見せる包み方をする人が多いですね。

クリスマス、アイシングクッキー


中身のデザインがクリスマスらしいモチーフなら赤と緑のクリスマスカラーのリボンで結ぶだけで充分なんです。ベルやヒイラギの葉の飾りがあればもう文句無しですね。

透明なプラカップや瓶に詰めてシールやリボンを貼る。これだと、ビニール袋に比べて割れる心配もないですね〜。

クリスマス、アイシングクッキー

私はひとつずつ包んで紐をつけて、実際のツリーにオーナメントとして飾り付けてしまうのも楽しくて良いんじゃないか、と思います。

クリスマス、アイシングクッキー

また、ツリーの形に切り抜いた紙の窓からクッキーが覗くのも遊びが効いてますよね。

クリスマス、アイシングクッキー

さて、どうでしたか?初めてチャレンジする方はちょっと練習も必要だと思いますが、やってみたくなったという方はぜひチャレンジしてみてくださいね。

Sponsored Link